フリースタイルバスケットボールとの出会い -きの編- – GroovMix
HOME > フリースタイルバスケットボールとの出会い -きの編-

フリースタイルバスケットボールとの出会い -きの編-

はじめまして、GroovMixスタッフに加わりましたキノと申します。
所属していたWASEDA BALLERSを除いて、僕のことをご存じの方は少ないと思うので、自己紹介をかねて、フリースタイルとの出会いを紹介させていただきます。
 
小学校5年生の時、体育のバスケですこし上手にドリブルができたことがきっかけでバスケを始めました。それ以来、昼休憩には図書館や音楽室にこもっていたような子供が、サッカーでゴールを決めたり、やんちゃな友達に出会えたり。
バスケとの出会いは人生を変えたきっかけの1つです。
 
中学校でも迷わずバスケ部に入部。
その頃にYouTubeの存在を知り、ドはまりしたのがストリートバスケ。
Disasterhot source の自由でやんちゃな自己表現にマジの衝撃を受けて。
周囲からのイメージもセルフイメージも”まじめで優等生”だった僕には、ストリートバスケが”ちょっと不良っぽいバスケ”に見えて、憧れの対象でした。だからこそ、みんなの前でやるのは恥ずかしくて、秘密で練習してしました。見よう見まねの、1人だけの練習だから、うまくなるのは難しいのにやたらと楽しかったです。
 
高校でもバスケ部でしたが、腰のけがでマネージャーになり、コートサイドでボールをいじりながら皆の練習をサポートしていました。余った時間を使って練習して、細かいドリブルやスピンが少しできるようになってきた頃に、MSDKを発見!
ストバスとはまた少し方向性の違う自己表現。ボールを操っているというより、ボールと一緒に自分を表現しているようなスタイルから離せなくて。早速、DAIさんのボディロールをまねしようとして、無駄にぐるぐるまわってました。そこからVIRUKSENにはまり、東京出張に行った父親にライフタイムのボールを買ってきてもらって、フリースタイルとの付き合いが始まったのでした。
 
結局、僕はまじめな生き方を変える勇気がでなくて、我が道を行く!みたいなメンタリティに嫉妬しているような気がします。
だから、ストリートバスケとフリースタイルバスケの”自由で奔放なスタイル”に憧れて始めて、憧れつづけているんだと思います。
その証拠に15年くらいバスケットボールと一緒に過ごしているのに、全然うまくなりません。
でも、大好きだから、僕は僕なりの付き合い方をする。
 
我が道を行く!メンタリティが欲しいから。
 
writer:きの