フリースタイルバスケットボールとの出会い -チャッキー編- – GroovMix
HOME > フリースタイルバスケットボールとの出会い -チャッキー編-

フリースタイルバスケットボールとの出会い -チャッキー編-

思えば今までの人生で、選択に迷ったことはないような気がする。
 
小学校から私立に通い、兄がやっていたソフトボール部に入りたいと言った記憶はあるのに、なぜかバスケ部に入っていた。
中学は母が気に入っていた中高一貫校に迷う事なく入学した。高校生になった頃、自分の人生を振り返って両親が引いてくれたレールの上を進んでいるだけだと思うようになった。
ありがたいことに、迷う暇なくなんとなく進むべき道はいつも用意されていたのだ。そしてその道が間違ってることはなかった。
 
大学も最寄駅の向かい側の大学に行くものだと、そんな気がしていた。
しかし、2年先に上京した兄の姿を見る度に、自分も東京に行きたいと思った。
 
初めての感覚だった。
引っ込み思案で出来るだけ普通でいたい。そんな私が東京で一人で暮らしたいと言う。両親は驚いただろう…。
超がつくほど過保護な母だったが、東京行きはすぐに了承してくれた。
 
東京での生活は初めてに溢れていた。
これからなんでも出来る!そんな気分だった。
 
しかし、サークル選びは難しかった。
小学生の頃からバスケをやっていたため、いくつかバスケサークルを見学に行ったのだが、なんか違うな…と。
そんな時、同じ学部の子にフリースタイルバスケサークルの存在を教えてもらった。
 
フリースタイルバスケ?なにそれ?
 
と思いながらも体験会に参加したのが、大学生活の思い出のほとんどを占めるWASEDA BALLERSとの出会いだった。
 
1回目の体験会を終えたとき、迷う事なくここに入ろう、と決めていた。
今考えても何故ここまで惹かれたのかはわからない。
目立つ事は嫌いだと思っていたのに…。
 
こうして出会ったフリースタイルバスケは私に様々なことを教えてくれた。
 
あの時、直感でこのサークルに入ろうと決めることができた自分に、東京行きを了承してくれた両親に、感謝したいと思う。
 
引退してめっきりボールを触ることがなくなっているが、これからも後輩たちの活躍を楽しみにフリースタイルバスケに携わりたいと思う。
 
writer:chacky